~まいにち晴れ旅~

バックパッカー歴10年、世界を約50ヶ国気の向くままに旅をしたアラサー女子の日々の出来事、仕事や恋愛、ときどき旅を振り返る✈︎ ひとりごと?

2016年の旅①

f:id:yum_hr22:20161202084502j:image

 

2016年最初の旅は、2月にミャンマーへ✈︎

 

東南アジアはたくさん行ったものの、周りの旅人が大絶賛するミャンマー

 

国境が外国人にも完全に解放され、今まで秘境だった国はどんどん変わり始めていく。

 

 

  ヤンゴン 

f:id:yum_hr22:20161202085312j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202085600j:image 

ヤンゴンはアジアらしい活気に満ち溢れていた(*´∀`)

 

金色に光る寺院、大声で商売する人々、ものすごい量の車とバイク。

 

f:id:yum_hr22:20161202093212j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202085537j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202093229j:image

日焼け止めとして顔に塗りたくる白いものは、タナカと呼ばれている。

 

たくさんのタナカさんが路上に。

 

f:id:yum_hr22:20161202085730j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202085753j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202093246j:image

ヤンゴンを後に、夜行バスに乗った?

 

 

 インレー湖

 

ここでは水上に生活する人々と、首長族に会ってみたかった。

 

f:id:yum_hr22:20161202090231j:image

 

ボートを借りて進むと、洗濯物が干してあったり、学校があったり、商店があったり、本当にそこには生活感が溢れていた。

 

f:id:yum_hr22:20161202090355j:image

 

首長族にも会えたが写真は禁止。

 

ただ、びっくりしたことは、首長族がスマホを使っていた。

 

ここも現代だったんだーと実感。

 

f:id:yum_hr22:20161202090415j:image

 

途中でボートを降り、小さな村を散策させてもらった。

 

f:id:yum_hr22:20161202090508j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202090520j:image

 

ミャンマー人はとてもフレンドリーで、でもたまにシャイ。

 

外国人に声はかけないものの、優しい微笑みをくれる。

 

人が歩いてくる方に向かったら、小さな市場が開かれていた。

 

f:id:yum_hr22:20161202090826j:image

 

野菜や調味料や日用雑貨など、雑多に並べられて売られていた。

 

そして、どこの国も同じ。

 

店番の子供はゲームが仕事。

f:id:yum_hr22:20161202090939j:image

 

1泊くらいしかしなかったインレー湖だったけど、とてものんびりした雰囲気で結構気に入った。

 

今度来たらもう少しゆっくりしたいかも。

 

翌日は早朝にバスターミナル(と言っても、道端のイスがバスターミナルだった)に向かった。

 

f:id:yum_hr22:20161202091247j:image

 

このアジアらしい朝の感じがたまらなく好き。

 

f:id:yum_hr22:20161202091319j:image

 

 

バガン

 

今回の旅の1番の目的地はバガン遺跡のあるバガン。

 

カンボジアアンコールワットインドネシアのボロブドゥールと並んで、世界三大仏教遺跡と呼ばれているバガン遺跡。

 

欧米化とゆうか、かなり観光地化されていたことには驚いた。

 

物価も少し上がった。

 

f:id:yum_hr22:20161202091751j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202091807j:image

 

翌朝早起きをして、宿のみんなで原付に乗り朝日を見に行った。

 

ちなみに私の初バイク運転は、ここミャンマーになった?

 

f:id:yum_hr22:20161202091925j:image

 

遺跡の間から登る太陽はなんだか神秘的。

 

f:id:yum_hr22:20161202092029j:image 

 

f:id:yum_hr22:20161202092126j:image

 

欧米人もアジア人もみんな必死にシャッターを切る?

 

気球ツアーの気球がどこからか上がってきた。

 

f:id:yum_hr22:20161202092344j:image

 

でもこれに参加した仲間から聞いたら、日の出の時は風が強く一旦中止になり、でも日が上がると風がおさまったから飛んだらしい。

 

日の出を見るためだったのにーと嘆いていた。

 

 

昼間はひたすらバイクで遺跡を巡った。

 

f:id:yum_hr22:20161202092907j:image

 

点在するパゴタや寺院は3000を超すと言われていて、到底見終わることはできなかった。

 

f:id:yum_hr22:20161202092719j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202092739j:image

 

夜はサンセットを見に行った。

 

f:id:yum_hr22:20161202092850j:image

 

ずっと晴れていた旅も、この夜だけとても雲が多く、太陽は沈む前に雲に消えていってしまった。

 

f:id:yum_hr22:20161202093005j:image

 

それでも夜のライトアップされた寺院は神秘的でまた美しい。

 

f:id:yum_hr22:20161202093048j:image

 

f:id:yum_hr22:20161202093106j:image

 

こんな繊細な技術の建物が11世紀頃とかから残っているなんてすごい。

 

 

 

 

バガンを後にし、また夜行バスでヤンゴンへ戻った。

 

たった10日間ほどしかいなかったけど、もっと見てみたいと思った国。

 

これからアジアで最も開発されていく国だから、きっと次行ったら全く違う雰囲気になっているだろうな。

 

f:id:yum_hr22:20161202093846j:image