~まいにち晴れ旅~

バックパッカー歴10年、世界を約50ヶ国気の向くままに旅をしたアラサー女子の日々の出来事、仕事や恋愛、ときどき旅を振り返る✈︎ ひとりごと?

写真展。

 

f:id:yum_hr22:20170120145016j:image

 

篠山紀信さんの写真展に行ってきた?✨

 

私が美術館に行くなんて、ほとんどないことだけど、この写真展はどうしても見たかった!

 

 

"その人らしい一瞬を捉えている"とゆうのが、素人目にも伝わる写真たち。

 

決して撮られる側も構えてない一瞬なのに、美しさとか人柄とかが収められている。

 

 

あまり言うとネタバレだろうから控えるけど、昔の方々の人間美がすごかった?

 

 

2月28日まで開催中です✌︎

 

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN | 開催中の展覧会・予告 | 展覧会 | 横浜美術館

 

 

 

 

 

今日の絶景。

私が世界で見た素敵な景色をランダムに、気まぐれに更新(´∇`)

 

 

 

 

 

f:id:yum_hr22:20170119185014j:image

 

✩フリヒリアナ(スペイン)

 

 

スペインの南のアンダルシア地方にある小さな村、フリヒリアナ。

 

"白い街"として最も有名なのはミハスだけど、こちらフリヒリアナも白さは負けず✨

 

白い外壁に、可愛く飾られたカラフルな鉢植えとお花が映える?

 

ところどころに飾られているタイルには、この街の歴史が描かれています。

 

そして観光客がまだまだ少ないので(2015年時点で)、ゆっくり回れておすすめ!

 

 

ひたすら細い路地が続くあたり、路地裏好き心をくすぐられます♡

 

ただふらふらと歩いて登り、上から見る白いフリヒリアナもまたシンプルな美しさ?

 

 

アクセスはマラガやグラナダからバスでネルハまで約2時間?

 

そこからローカルバスで20分くらいで到着。

 

でもこのローカルバス、時間によっては2時間弱来ないので気を付けて?

 

 

ぜひ夏のベストシーズンに(´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

今日の絶景。

 

私が世界で見た素敵な景色をランダムに、気まぐれに更新(´∇`)

 

 

今日の1枚。

 

 

f:id:yum_hr22:20170106170734j:image

 

 

✩シュタンザーホルン(スイス)

 

 

 

THE スイス!とゆう景色が広がる山の展望台から。

 

 

 

スイスの人気都市ルツェルンからフェリーやトロッコに乗って30分ほどで着くシュタンザーホルンは、観光客だらけで賑わいがすごい。

 

それもそのはず。

 

ここに来るまでのケーブルカーはオープンデッキになっていて、要はケーブルカーの上に出て頂上まで来ることが出来る。

 

とても有名で人気らしい。

 

 

こないだテレビでもやってたな?

 

 

雪をまとった山々が並び、麓には小さな家が並び、今にもハイジが出てきそう!

 

 

間違いなく夏がおすすめの季節?

 

私が行ったのは5月で、山に登るまでは薄着だったけど、頂上ではダウン着たくらいだから、防寒着は忘れずに(・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の本。

 

旅好きなら1冊は持ってるであろう、旅人が書いた旅本?

 

f:id:yum_hr22:20170112193222j:image

 

 

私も気付いたら手元にたくさん。

 

売ってもまだ残り、ここから手放すのを選ぶのは至難の業(。•́•̀。)

 

 

ワーホリ歴3年、住所不定無職のバックパッカー歴1年以上の私が手放せない旅本は。

 

 

 

 

 

WORLD JOURNEY ~世界一周しちゃえば?~

 

f:id:yum_hr22:20170112193240j:image

 

 

言わずと知れた旅本の代表。

 

これを読んだのを機に旅に出た人はたくさんいる✈

 

私も18歳のときに読んで、これがきっかけでバックパッカー旅を始めて、世界一周も実現したくらいバイブル。

 

数年前にリニューアル版のキレイなやつも出たらしいけど、私はこのボロボロでホコリっぽいこの本が手放せない?

 

 

 

愛しあおう。旅にでよう。

 

 f:id:yum_hr22:20170112193313j:image

 

 

また高橋歩さん本だけど、これは旅とか世界一周とかとゆうより、ぱっと読める文章が写真とともに載っている。

 

そしてその写真がとても独特で、なんか迫力がある?

 

たまにお風呂でゆっくり読みたくなる。

 

 

 

 

FREEDOM

 

f:id:yum_hr22:20170112193336j:image

 

 

こちらは写真に一言が書かれているだけのシンプルな本。

 

その日ぱっと1ページを開いてみると、なんか心に刺さる一言が書かれている。

 

 

方角を失った旅ほど、ワクワクするものはない。

方角を失った日常ほど、退屈なものはない。

 

未来のために今を耐えるのではなく、未来のために今を楽しく生きるのだ。

 

必要なのは勇気ではなく覚悟。決めてしまえば、すべては動き始める。

 

 

この3つの言葉は、私が10代からずっと心に留めてる言葉♡

 

 

 

 

地球を遊ぼう

 

f:id:yum_hr22:20170112193351j:image

 

 

かなりガイド本のような感じで、そこで出来る遊びや、近場の観光地を紹介してくれている✨

 

日本にとどまっているのが勿体なくなるほど、世界中で遊びたくなる!

 

 

 

僕が旅に出る理由

 

 f:id:yum_hr22:20170112193404j:image

 

実際に色々な形で旅に出た人の短編ストーリーが載っている。

 

ワーホリだったり、初バックパッカー旅だったり、青年海外協力隊だったり、経験がめっちゃリアルに書かれている。

 

旅する前は「こんなこともあるんだー」って思ってたし、旅の経験が上がると「ああ!こうゆうことあるある!」ってなって、何度も読んでしまう?

 

 

 

 

世界一周✈︎TRAVELER's VOICE

 

f:id:yum_hr22:20170112193414j:image

 

世界一周経験者の声と、実際に世界一周航空券で旅をするシュミレーションなどが書かれている。

 

これを世界一周前に読んで、世界一周後にここに載ってる人たちと知り合うんだから、旅人世界は狭いなーと思う??

 

世界一周航空券で旅する予定のない人も、旅を考える上で参考にしてみたらいいかも。

 

 

 

まだまだ世の中にはたくさん旅の本があるけれど、これらはかなりオススメ中のオススメ✩

 

ぜひ本屋さんで探してみてください(´∀`*)

 

 

 

 

今日の絶景。

 

 

私が世界で見た素敵な景色をランダムに、気まぐれに更新(´∇`)

 

 

 

今日の1枚。

 

 

f:id:yum_hr22:20170106232604j:image

 

 

✩シェフシャウエン(モロッコ)

 

 

青い町としてとても有名なシャウエン。

 

最近は雑誌やCMにもよく出るので、知ってる人も多いはず。

 

 

シャウエン全体が青いわけではなく、城壁に囲まれた旧市街だけが青い。

 

街が青く塗られているのは、ユダヤ教にとって神聖な色だからとか、蚊除けの為とか、暑さ対策とか、理由は諸説ある。

 

ところどころ色が剥げてたりするけど、今でも塗り直しを重ねて状態を維持しているらしい。

 

 

でもここだけの話、意外と青くないところも多い!

 

写真のような濃い青い場所もあれば、水色とゆうか白に近い場所も。。

 

また、丘に登って旧市街を見下ろすと、本当に街の一部分だけが青いことがよく分かる?

 

 

旧市街は迷路のようでとても分かりにくいけど、迷ったら1度城壁にぶつかるまで歩くと、方向が分かって良い?

 

 

 

アクセスは、スペインからフェリーで渡った場合に着くタンジェとゆう街からバスで4時間ほど?

 

日本から飛行機できた時に着くカサブランカや、迷宮の街フェズからもバスで5~6時間ほど。

 

 

かなりフォトジェニックな街なので、女の子はシンプルなお洒落な服を着てくといいかも❤

 

 

 

 

 

 

今日の絶景。

 

 私が世界で見た素敵な景色をランダムに、気まぐれに更新(´∇`)

 

 

 

 

 

今日の1枚。

 

f:id:yum_hr22:20170106140636j:image

 

 

カッパドキア(トルコ)

 

 

たくさんの奇岩が並ぶことで有名なカッパドキア

 

歩いて奇岩を見て回るのも楽しいけど、ここでのイチオシのアクティビティーは気球に乗って奇岩から登る朝日を見ること?

 

 

どこのツアー会社もほぼ同じ値段で気球ツアーを出していて、早朝にゲストハウスにピックアップに来てくれる。

 

約20人で1つの熱気球に乗り、火が灯されるとふわーっと浮き上がる。

 

何十台もの気球と、だんだん登ってくる朝日はカラフルで暖かい景色?

 

おとぎ話の世界。

 

 

約1時間ほど空を舞い、降りたあとは修了証をもらってシャンパンで乾杯?

 

 

1万円以上するので安い遊びではないけど、特に女の子にはおすすめの景色が見れる❤

 

 

 

 

各都市からバスや飛行機で簡単にアクセスできる。

 

ただ、バスの場合、カッパドキア行きのバスはなくて、ギョレメ行きに乗ることになる。

 

そしてほとんどのバスはその手前のネヴシェヒルで止まり、そこから無料バスでギョレメに行くことになる。

 

ギョレメと言われて降りれば、そこはもう宿の集まるカッパドキアの入口。

 

ちょっと混乱するけど不安になる必要なし✨

 

 

 

 

 

 

今日の絶景。

 

私が世界で見た素敵な景色をランダムに、気まぐれに更新(´∇`)

 

 

 

 

今日の1枚。

 

 

f:id:yum_hr22:20170106120737j:image

 

 

プリトヴィツェ湖郡国立公園(クロアチア)

 

 

「世界一美しい湖」と言われているクロアチア世界遺産で、16の湖と92の滝で出来上がっている国立公園。

 

写真加工してるように見えるほどのエメラルドグリーンだけど、これは天然!

 

 

水中のミネラルの量と日照によって、水の色がエメラルドグリーンだったり、ブルーだったり、色んな風景が楽しめる?

 

 

ベストシーズンは夏だけど、雪の積もった冬も極寒だけど美しい❤

 

私が行ったのは5月なので、寒かったけどいい景色が見れた(*˘︶˘*).。.:*♡

 

春先は雪解け水で遊歩道が通行できなくなるかもしれないので、問い合わせしたほうが良いかも。

 

 

 

アクセスは、首都のザグレブからバスで2時間ほど?

 

インフォメーションセンターからバスもあるし、ほとんどのゲストハウスが宿泊者用にバスを出しているので行きやすい!

 

 

公園自体はとても広いので、お昼ご飯を持って1日ゆっくり回るのがおすすめ✨